トイレ詰まりの直し方/ラバーカップ

トイレを詰まらせてしまう原因で一番多いのはトイレットペーパーです。
少しずつ流せば問題ないのですが一度に大量のトイレットペーパーを流そうとして詰まらせてしまいます。
水が流れなくなるととても焦りますがラバーカップを使えば詰まりを解消させることができます。
ホームセンターに行くと買うことができます。
トイレ用とキッチン用など種類があるので買うときは間違えないようにしてください。
洋式用と和式用でも違いがあります。
カップの底が出っ張っているのがトイレ用のラバーカップです。
使い方は静かに押して力を入れて引っ張ることです。
詰まりの原因となっているトイレットペーパーを吸引することができます。
1度で直ることは少ないです。
同じ動作を5回ぐらい繰り返します。
詰まりが解消できたかを確かめるためにバケツの水を使って流してみます。
スムーズに流れるようになったことを確認できればトイレ詰まりは解消できたということです。
何度やっても無理な時は諦めて専門業者に依頼しましょう。

定期的にトイレのパイプの掃除をして改善

トイレの詰まりになるのは、その便器が古いからという原因があります。トイレのパイプに長年、トイレットペーパーのカスなどが上手く流れずに詰まってしまうことが原因に詰まるのです。

又、水流の流れが便の汚れがパイプに付いていってはそれが重なり、そこにペーパーが詰まっては流れが弱くなってしまうのです。

そうなると、どんどん流れにくくなり、しまいには詰まってしまうものなのです。

そんな時にはトイレ用の詰まりを改善できるラバーカップでその詰まりを取り除いてあげることがポイントです。

かなりこれで改善することができますし、流れも良くなっては水の流れも良くなります。

定期的にパイプを綺麗にできる掃除道具を使い、パイプの方も綺麗に掃除してあげることも必要です。

又、水の勢いを調節を業者に頼んでやってもらうと、より詰まりにくくなります。

その業者にアドバイスをもらい、掃除の仕方などを教わるのも良い方法です。定期的に掃除をすれば、よりトイレの故障を防げます。

トイレ詰まりにならない為の注意点

トイレ詰まりにならない為の注意点はトイレを掃除するためのシートを流さないようにすることです。
水に流せますと書いてありますがトイレットペーパーと比べて厚みがあるのでトイレを詰まらせる原因となってしまいます。
使い終わったシートはトイレに流さずゴミ箱に捨てることが大切です。
トイレ詰まりで困った時のためにラバーカップという道具を常備しておくことをおすすめします。
ラバーカップは一昔前にスッポンと呼ばれていたものです。
黒い大きな吸盤のようなもので詰りを解消させることができます。
ラバーカップでも詰まりを解消できない時は水道トラブルに対応している業者に来てもらうことになります。
急にトイレ詰まりで困ってしまったときは適当に電話帳で調べた業者に連絡をしてしまいますが後になって他の業者の方が料金が安かったということもあります。
事前に料金が安い水道トラブル解決業者を探しておいて電話番号を書き記しておくといいかもしれません。

お湯を使ったトイレ詰まりの直し方

トイレ詰まりを我が家も起こしました。
便器の中に圧を加えて流すという方法も効果はなく、水を流すたびに水がトイレからあふれそうな状況になりました。

そこでやったのが、動画で旦那が見つけた方法です。
まず用意するのはお湯です。熱湯であった方がもしかしたらよいのかもしれませんが、ある程度の温かさ(ぬるま湯程度)になれば大丈夫です。
そこに食器用洗剤を入れます。この量は適当で結構です。

それを詰まっているトイレの中に流し込みます。そして、15分ほどそのまま放置しておきます。
その後、便器の中を洗う柄付きのたわしで便器の中をごしごしとこすります。気になる方はチョット長めに、トイレを掃除する感覚でこすってください。
最後にトイレの水を流せばあっという間にスルッと水は流れて行きます。

これをやってもトイレの詰まりがまだちょっととれないなという方は、同じ作業を何度も繰り返してみると良いでしょう。その時には洗剤の量をちょっと多めにすることがポイントです。

トイレが詰まらないようにする使い方

トイレは意外と詰まりやすいものです。

完全に詰まると大変困ることになりますから、日頃から詰まらないような使い方を心掛ける必要があります。正しくトイレを使うことによって、その機能は保たれるのです。
トイレが詰まる場合の代表例が異物を流してしまった時です。

ハンカチやタオルなどをうっかり流してしまった経験がある方は、意外と多いのではないでしょうか。あとは携帯電話もよく見られる事例です。水を流す前後には特に注意しましょう。
ティッシュペーパーなどトイレットペーパー以外の紙を使うのも厳禁です。

同じ柔らかい紙でも全く違うのです。ティッシュペーパーは水に溶けませんから、パイプ内に蓄積されてやがて詰まることになります。
正しくトイレットペーパーのみを使っている場合でも注意が必要です。

大量に使う方がたまにいらっしゃいますが、一見流れたように思えても、パイプ内に滞留してしまうのです。この場合は、2回に分けて水を流すと詰まりの予防になります。

意外!重曹を使ったトイレつまりの対処法!

朝トイレで用をたしたら水が流れない。。むしろ水が増してきている。
なんで朝のこんな忙しいときに!なんて経験はありますか?
忙しいときにかぎってトイレの詰まりは起きるもの。

しかしそのままにもしておけませんよね?
そこで今回は、トイレつまりの対処法をごしょうかします

■絶対必須!ラバーカップ!
このラバーカップとは、一般定にはスッポンと言って、覚ご家庭に1つはあるのではないでしょうか。
大抵の場合はこのラバーカップでトイレるまりを解消できるでしょう。

しかし稀にこのラバーっぷだけでは解消できないい場合があります。
1トイレットペーパーがつまっている
2排泄物がつまってる
3異物混入
以上がトイレつまりを起こす原因であり、1が大半のトイレつまりの原因となっています。

まずは、ラバーカップで対処してみてください。
トイレつまりの9割はこれで解消されます。

それでも詰まっている場合は以下の対処をとってください。

■重曹を使ったトイレつまりの直し方!
まず換気をするために窓やドアを開けてください。
それから材料を用意します。
材料は重曹1/4カップ、お酢2/1カップ、お湯を便器の半部くらいようしてください。

次に便器内の水を取り除きます。ゴム手袋をして、古くなって使わなくなったコップ等で汲み取りましょう。

次に重曹、お酢、お湯の順番で便器に入れていきましょう。
お酢を入れた段階で泡がでますが、これは重曹とお酢が化学反応を起こし泡が立ちますがきにしないでくださ。

お湯を入れたあとは20分ほどほうちしましょう。
途中ラバーカップ使用して緩んでいるかどうかを確認してくだし。
20分後ラバーカップを使ってみると間単にトイレつまりが解消されます。
それでもだめな場合はもっと待ちましょう。
もう30分くらい置いてみてもいいかもいしれません。
その後再びラバーカップを使用してみてください。

さらんにそれでもだめな場合トイレつまりではなく水周りや配管が原因と考えられますので、すぐに業者に呼ぶことをおすめします。

以上がトイレつまりの対処法となります。

■絶対にしてはいけないこと!
トイレつまりの対処法としてお湯を用意してくださいと書きましたが、決して熱湯を使わないでください。

2006年に放送されたテレビ番組においてトイレつまりの対処法として熱湯を使うやりかたが発表されましたが、これにより全国からトイレの便器にひびがはいったという苦情が殺到しました。

このあとから便器メーカーのTOTOは便器に熱湯を使用しないようにと注意を呼びかけています。
便器は陶器でできています。陶器は熱湯を浴びると膨張する特徴があり、そのせいで便器の表面にひびが入ってしまうことがあるのです。

お湯を用意する場合は、決して熱すぎず、手で触ってみてちょと熱いな程度のお湯にしてください。
便器が壊れた場合修理にもだせずに買い替えになるので十分注意してください。

いかがですか?重曹を使ったトイレつまりの対処法ですが、思ったよりも簡単ですよね。
それにしても重曹ってほんとなんにでも使えるんですね。
食べ物にいれてもよし。お掃除の際に使ってもよし、トイレの便器に使ってもよし。
みなさんもトイレつまりに困ったときには以上のやり方をためしてみてください。

トイレの水漏れは、出来るだけ早く修理しよう

家の中にある水まわりの中でも、トイレが一番厄介ですよね。水漏れが起こってしまう事で、マンションなどですと、下の階に被害が起こってしまう可能性があります。あまりにも酷い水漏れですと、直ぐにでも修理業者を呼んだほうが良いですが、一番大切なのは、冷静に対応をするという事です。では、誰もが簡単に出来る、水漏れの直し方とそのチェック方法とは、一体何なのでしょうか。

 

1.水道料金をチェックしてみましょう

普段何気なく使っている水道料金の値段が、急に上がっている様な気がしたら、もしかしたらトイレタンクが水漏れを起こしている可能性があります。トイレタンクは、解りにくい為に、水漏れが起こっているという自覚がありません。定期的にトイレ掃除をしっかりとして、もしかしたら漏れているかもしれないと感じたら、直ぐにでも修理をしましょう。

 

2.レバーの戻りをチェックしてみましょう

水を流す時に、レバーをひねったら、直ぐに戻りますか?戻らないでそのままの位置でおりますと、何時までも水は出っ放しになってしまいます。これですと、水道料金が跳ね上がってしまいますよね。もしも、レバーが戻らないという事でしたら、直ぐにでも修理をしましょう。

 

3.何も使用しなくても、チョロチョロと水が出ていませんか

トイレを使った後、しばらくしても、便器にチョロチョロと水が出ているような音がするといった事があれば、それは、十分にトイレタンクが水漏れをしている可能性があります。

 

4.それ以外の可能性を一度はチェックする

もしかしたら、トイレタンク以外が原因で水漏れを引き起こしている可能性があります。そういった時には、ラバーカップを使用して、何か詰まっていないか、また、重曹やぬるま湯を使って、一度トイレの詰まりを取り除いてみましょう。重曹は、ホームセンターでも100均でも手に入りますので、一つは持っておくと安心ですよ。

 

5.必要な部品を調べましょう

トイレタンクの水漏れを直す為に必要な部品を揃えてから、自分で修理を行いましょう。まず、トイレを流す為のレバーが故障しているという事でしたら、きちんとメーカーを確認して、レバーを取り寄せなくてはいけません。
メーカーにもよりますが、価格は1万円前後する可能性がありますので、購入する前に、しっかりと確認しておくことが大切です。

 

6.部品以外にも、専用の工具が必要になります

また、必要な部品を取り寄せただけでは、当然ですが修理を行う事は出来ません。当然ですが、専用の工具も必要になりますので、何が必要なのか十分に調べてから、準備を行いましょう。
一般的に、水漏れの修理でしたら、ホームセンターなどに行くことで、十分に工具を揃えることが出来ます。また、一度揃えておけば、また何か水漏れなどの被害にあった時に、揃える必要もありませんので、おすすめですよ。

 

7.トイレタンクの修理方法で重要な事

まず、トイレタンクの修理をする前に、止水栓を閉めて、水が出ないようにします。そして、何処が故障をしているのか、原因を突き止めましょう。
そして、劣化してしまっている部品を、専用の工具を使って取り除き、新しい消耗品に交換をして下さい。たったこれだけで、水漏れを直すことが出来ますよ。

 

8.自分で直す時の注意点

トイレタンクの水漏れは、専用の工具と消耗品を購入すれば、誰でも簡単に直すことが出来ます。ですが、原因がそれ以外にある、また、ちょっと解らないと言ったことがあれば、直ぐにでも専門の業者にお願いをして、修理をお願いしましょう。
水まわりのトラブルは、少しでも状況が悪化してしまいますと、近隣トラブルの元になってしまいますので、注意が必要ですよ。”

トイレの詰まりの直し方/原因

トイレ詰まりの原因

トイレットペーペーを大量に流してしまったり、トイレ掃除の時のトイレシートなどを継続的に流していると水に溶ける素材であっても流れが悪くなる時があります。水圧の低いトイレでは、いつもより多くて固い便などもトイレ詰まりの原因になることがあります。排便の後に詰まってしまうと、どうしたらいいのか焦ってしまいますよね。そんな時のトイレ詰まりの対処の仕方、直し方を紹介しましょう。

 

1.バケツでお湯を流してみる

便器の中のトイレットペーパーや便が流れずに残ってしまい便器の水がいつもより高い位置にあったらトイレ詰まりの状態です。水圧をかけるようにバケツに水を汲んで勢いよく入れると流れる場合があります。お湯をわかして入れるとより効果的で配管に溜まっている汚物がお湯の熱で溶けて流れが良くなる可能性があります。便器から水が飛び散らないように新聞紙やビニールシートなどを敷くことや雑巾を用意することも忘れないようにしましょう。水が便器からあふれないように様子をみながらバケツのお湯を流してみましょう。

 

2.ラバーカップを使う時はビニールシートをかぶせて

それでもトイレ詰まりが解消しない時の対処の仕方はラバーカップを使うことです。スッポンとも言われていますがホームセンターなどで購入できます。ラバーカップにも種類がありトイレの排水口に密着しやすいツバのある形もあります。便などのトイレ詰まりではラバーカップを引き抜いた時に汚すこともありますから、ラバーカップにビニールを巻きましょう。または大きなビニールのごみ袋を便器にかぶせ、ラバーカップを入れる穴をあけて使用すると周囲を汚すさずにすみます。ラバーカップをトイレの排水口に強く押し付け密着させて、静かにぐっと引き抜きます。勢いよく引き抜くと水がはねかえって衣服にかかってしまいますから注意してくださいね。水が流れたようであれば、その後にバケツのお湯を入れて流してしまいましょう。その時にも水が便器からあふれないように様子を見ながら入れて下さいね。

 

3.異物を流してトイレ詰まりになった時の対処

それでもトイレ詰まりが解消しない時や、トイレットペーパーやトイレ掃除シート、排便などの原因以外のものを落としてしまったと明らかに解っている時は、すみやかに業者に修理をお願いするしかなさそうです。ポケットから気がつかないうちに何かを落とし水を流してしまい、それが排水管に詰まった可能性があります。排水管の問題は自分では対処の使用がありません。業者に修理を依頼しましょう。

 

4.トイレは日頃から流れを良くしておきましょう

トイレットペーパーや掃除シートなど水に溶ける素材であっても大量には流さないようにしましょう。トイレに入る時にはポケットから落ちるようなものは入れて行かないように注意しましょう。流れがいつもよりも悪くなっていると感じたら、トイレの汚物などの溶解剤などを流したり、定期的にお湯を流して排水管をきれいに保つようにしておくことが大切です。

重曹を使ってトイレつまりを解消したい時はどうする

“今や世の中の大半が水洗式のトイレを使用しています。
水洗トイレは、衛生的ですがその反面詰まりやすいという弱点もあります。
トイレつまりはきちんと対処しないとトイレを使用する事が出来なくなってしまいます。
直し方には業者に電話を掛けて修理して貰うという方法もありますが、料金が高額になる可能性もあるので、なんとか自分の手でトイレつまりを対処したいという人も多いはずです。
そこで、業者に頼らず自分の手でしかも安価で手に入る重曹を使って出来る直し方を紹介します。

 

■重曹って何?どこで手に入るの?

重曹は弱アルカリ性の炭酸水素ナトリウムの事で、研磨作用や中和作用を持つ白色の粉末です。
スーパーやドラッグストアで購入する事が可能で数百円という手頃なお値段で購入出来ます。
スーパーでは製菓売り場、ドラッグストアでは掃除用品売り場に並んでいる事が多く、大きな店舗だけではなく小さな店舗でも大抵手に入ります。

 

■ベーキングパウダーでも良いの?

ベーキングパウダーには重曹が含まれていますが、この2つは全く同じ物ではありません。
ベーキングパウダーは、お菓子作りが主な用途のため、コンスターチーなどが添加されています。
ですからトイレつまりの修理には、ベーキングパウダーではなく添加物の配合それていない重曹を選ぶようにしましょう。

 

■どうやって使うのか

トイレつまりへの直し方としては、単独で使用するのではなくお湯と併用して対処にあたります。
お湯の温度は、40度から50度程度の少し熱めのお湯が適切です。
まず便器に重曹の粉末をカップ半分程注ぎ、お湯をバケツで注いだ後30分から60分程の時間をおきます。
また、逆にお湯を先に注いでも良いですし、ふたつを混ぜ合わせた物を注いでもかまいません。
一度で対処出来なかった場合には、数回繰り返してみるという手もあります。

 

■お酢と混ぜて使用する方法も

上記の方法でもトイレつまりが修理出来なかった場合には、重曹にお酢を加えた直し方も試してみましょう。
重曹半カップに対して、お酢は1カップの割合で使用します。
すると、ふたつの成分が反応してブクブクと泡が立ちますが、これは二酸化炭素が発生しているだけで無害なので心配いりません。
これに先ほどと同じようにお湯を加えるだけです。

 

■注意しなればいけない事はあるの?

注意しなければいけないのは、熱湯は使わない事です。
陶器で出来ているトイレは熱湯を注ぐとひび割れの原因になる事があります。
すると便器そのものを修理、もしくは交換しなければいけなくなってしまいます。
修理代は、もちろんトイレつまりよりもずっと高額になりますから、絶対に避けましょう。

 

■効果がない場合もある

残念ながら同じトイレ詰まりでも、この直し方が効果のある場合とない場合があります。
汚物やトイレットペーパー以外の小物などを落として、トイレが詰まった場合には効果はありません。
これは悪魔でもトイレットペーパーや汚物を詰まらせた場合の対処方法となります。”

トイレつまりの直し方と手順について

■トイレつまりの直し方

トイレつまりに対処する直し方には大きく分けて4つあります。

1.トイレつまり専用のラバーカップ、いわゆる「すっぽん」「ゴムスッポン」を使ってトイレつまりを直す直し方

2.お湯と重曹とお酢を使ってトイレつまりを直す直し方

3.バケツと水を使ってトイレつまりを直す直し方

4.トイレつまりに対処する専門のトイレ修理業者に依頼してトイレつまりを直す直し方

これらのトイレつまりの対処法にはそれぞれに注意点と守るべき手順があります。
今回はトイレつまりの対処法と注意点、そして手順についてご紹介します。

 

■ラバーカップを使ってトイレつまりを直す直し方

ラバーカップは「すっぽん」や「ゴムスッポン」などの名前で呼ばれる事もあるトイレつまり専用のつまり解消道具です。
トイレつまりが発生してしまった場合に一番ポピュラーな対処法として行われる直し方がラバーカップを使った直し方です。
ラバーカップを使用するトイレつまりの対処法は単に大便やトイレットペーパーが排水管に詰まっている場合には非常に有効な手段となる事も多いです。

もしトイレつまりが発生してお手元にラバーカップが無い場合には、「2.お湯と重曹を使ってトイレつまりを直す直し方」もしくは「3.バケツと水を使ってトイレつまりを直す直し方」でご紹介する下記の項目を読んで対処してみてください。

ラバーカップを使用してトイレつまりを直す直し方は、具体的にはトイレの排水管につまった物に強い水圧をかけて押し流すもしくは引き戻す作業となります。
この為、おもちゃなどのトイレに流してはいけない物が排水管の途中に詰まっている場合にラバーカップを使用して排水管に強い水圧をかけると排水管のS字に曲がった部分におもちゃが詰まって動かなくなってしまう事があります。
しかし上手くゆけばラバーカップによる水圧でおもちゃをそのまま押し流すかまたはおもちゃが戻ってくる場合もあります。
これは完全に「カケ」となりますので、ラバーカップを使用するトイレつまりの直し方は事態を悪化させる原因にもなる事を覚えておいてください。
ラバーカップを使用しておもちゃなどの異物を排水管に詰まらせてしまった時には最悪トイレの修理業者を呼んで排水管の取り外しを行わなければいけなくなるケースもあります。

 

■お湯と重曹とお酢を使ってトイレつまりを直す直し方

お湯と重曹とお酢を使ってトイレつまりを直す直し方もあります。
手順は、トイレに重曹とお酢を溶かしたお湯を流し30分から1時間ほど様子を見るのですが、この時に注意する点としては
「お湯は熱湯は厳禁」
「お湯の温度は50度前後」
「重曹はお湯3リットルに対して軽量カップ半分(100ミリリットル)、お酢は軽量カップ1杯(200ミリリットル)加える事」
「重曹だけお湯に加えても効果が無いので、必ずお酢をお湯に加える事」
などがあります。

この対処法はトイレにつまった物を溶かして柔らかくする為の対処法となりますので、不溶性の物がトイレつまりの原因となっているケースでは効果がありません。

上記の方法を試した後に、30分から1時間程度様子を見てトイレを流してみてください。

 

■バケツと水を使ってトイレつまりを直す直し方

トイレつまりをバケツに入った大量の水を流す事で一気につまりの原因を押し流して直す直し方です。
バケツの水を流す時には少し高めの位置から勢いよく水をトイレに流してみてください。
水圧が強い方がトイレつまりの原因を押し流す事が出来る確率が高まります。

 

■トイレつまりに対処する専門のトイレ修理業者に依頼してトイレつまりを直す直し方

ある意味ではこの対処法がもっとも確実と言えます。
トイレ修理業者に支払う料金はかかりますが、修理業者であればほぼ確実にトイレつまりを解消してくれますからね。
トイレ修理業者にトイレつまりを直してもらう場合にかかる費用は修理業者によって違いはあるものの、おおよそトイレつまり1回に対して「8000円前後の費用」が相場となっています。